自己啓発本

可愛いままで年収1000万円の感想レビュー|理想の働き方で年収を得る方法に驚き!

今回紹介する本は、女性起業家でカリスマ的な人気のある宮本佳実さんの「可愛いままで年収1000万円」です。宮本佳実さんが夢を叶えるためにやってきたことを知ることで、ただこの本を読んで終わりではなく、読感後に「自身でも出来る」と思わせてくれる一冊です。

可愛いままで年収1000万円のネタバレ!

「可愛いままで年収1000万円」のネタバレです。

高卒で学歴も資格もキャリアもなかった普通の会社員の著者が「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリーのライフスタイルに憧れ、起業の道で夢を叶えるためにやってきたことを書かれている本です。

理想の生き方・働き方で、理想の年収を手にするためには何をすれば良いのかを6つの章に分けて紹介されています。

大切なことは主に

  • 自分を知る
  • 未来を設定する
  • 行動する
  • お金のマインドを変える
  • 好きなことをとことんやる
  • 自分自身を知る

ということ。

これらを著者の経験をもとに、女性でも読みやすい柔らかい文章で具体的に書かれています。

ワークも多く取り入れられているので、読んで終わりではなく、自分ごとに落とし込んで「私でもできるかもしれない」というところまで思わせてくれる本です。

「好きなことを好きな時に好きな場所で好きなだけ」という夢のような世界を、夢で終わらせることなく現実に叶えるためのエッセンスが詰め込まれています。

仕事は甘いラテのようなもの!?

一般的には仕事=苦しくて大変なこと、と思いがちですが、著者にとってはスターバックスの甘いラテのようなもの、という考え方に衝撃を受けました。

そもそも自分にとって仕事とはどんなものか?

どんな風でありたいか?

ということを、ワークを通して深掘りすることで「私は固定概念に囚われすぎていたな…」ということに気づけたのが1番の学びだったと思います。

また「どんな風に生きたいか?」を考えた上で「どんな働き方をしたいか?」という考え方の順序も、当たり前のようで忘れていたことだったなと気付かされました。

この本で自分が変わった事

この本を読む前までは、自分の未来を考えると真剣になりすぎて次への行動が重くなっていました。

しかし「投げる球は軽く、そさね数を多く!」という文章を見てから、悩みすぎて石橋を叩いて割ってしまうより、とりあえず小さく動いてみよう、という思考に変わりました。

また、一度上限なく理想を考えて書き出してみることで「本当は私はこんな風になりたかったんだ…」と思い出すことができました。

「では、それを叶えるためにまずは何ができるだろう?」という思考を停止しないことは、今後も続けていきたいと思います。

「可愛いままで年収1000万円」でモチベーションアップ!

ビジネス書の多くは男性が書かれていることが多く、女性が読むには論理的すぎて読みづらいと思う本もあります。

ですが、この本は女性の心にスッと入ってきやすい優しい言葉を多く使われているので、起業は気になるけどビジネス書は読み慣れていない、という方でも読みやすいと思います。

また、読むと自分に未来にワクワクできるので、とてもやる気をもらえる本です。

女性がモチベーションを上げるためにはぴったりの本だと思います。

少し物足りないところ

全体的に優しく甘い言葉が多く書かれているため、起業へのハードルは低くなりますが、表面だけを受け取ってしまう人はなかなか上手くいかないと思います。

「好きなことを好きなだけ」という言葉も表面だけ見ると「私にも簡単に始められるかも!」と思わせてくれます。

しかし著者にとっての本質的な「好きなことを好きなだけ」は、猛烈に熱のあることを圧倒的な行動力だと思うので、そこを勘違いさせてしまうのはイマイチな点かなと思います。

まとめ

【可愛いままで年収1000万円の感想レビュー|理想の働き方で年収を得る方法に驚き!】の感想や自己啓発に繋がったことをまとめました。

「好きなこと」で収入を得ることが出来るのは一握りの人だけ、と諦めるか「自身にも出来る」と思うか。

思考と行動を変えるだけで「未来を変えることが出来る」と気づかされる一冊です。

是非、読んでみてくださいね。

「読書大好き50代主婦の感想文」でした。