FUNAIのCM|女の子は誰?ハーフ?量子ドットサイズが可愛い!【YAMADA】

YAMADA×FUNAIの新CM「量子ドットの映像世界」篇に出演する女の子がまるで天使見たいの可愛いと話題です!ハーフなのでは?との声もありますよ。今回はこの女の子と、CM曲を歌う「緑黄色社会」の「たとえたとえ」についてもご紹介します!

まんまる

FUNAI×YAMADAの新CM曲は”緑黄色社会”の「たとえたとえ」だよ!
量子ドットの世界に来た白いワンピースの女の子は誰なんだろう?
ハーフみたいな顔立ちだよね!?

目次

FUNAIの量子ドットのCMの女の子は誰?

YAMADA×FUNAIの新CM「量子ドットの映像世界」篇に出演する女の子が可愛いですね〜。

「ようこそ、量子ドットの映像世界へ」の声に導かれて

赤や黄色やピンクの色鮮やかな点々の部屋に、恐る恐る入ってくる白いワンピースの女の子。

ストレートヘアがとても似合いますね。

華奢な長いい腕や足が、まだ幼い少女なのだと分かります。

このCMの世界観はおそらく、量子ドットの中の世界を表現しているのでしょう。

量子ドットとは、ナノメートルサイズの世界に存在する小さな半導体粒子のこと。

そしてナノメートルがどれくらいのサイズなのかと言うと「0.000001mm」になります。

1メートルの10億分、、、。

どんだけ小さいんだよ〜ってくらい小さい単位なんですね。

となると、この中にいるこの女の子は「ナノメートルサイズの小さい小さい女の子」になるのかな!?

そう思ってみると、まるでクリオネにも見えてきまましたよ。

顔立ちもハーフっぽいので、天使みたい♪

このCMの中では、人間でもなく天使でもなく、機械でもない世界に存在するナノメートルサイズの可愛い女の子なんですね。

まんまる

この女の子は誰なの!?

この子は誰!?と調査したのですが、YAMADA電機やFUNAIの公式サイトにも、どこにも紹介されていませんでした。

まだ、放送が始まったばかりだからなのか、情報も少なく女の子について特定できる情報はありません。

おそらく、子供ブランドのモデルさんなのではないかと私は推測しています。

このナノメートルサイズの可愛い女の子の詳細はわかり次第、お知らせします!

FUNAIの量子ドットのCM曲がいい!

FUNAIの量子ドットのCM曲がいいですね!

こちらの歌を歌うのは「緑黄色社会」で、曲名は「たとえたとえ」です。

第93回センバツ MBS公式テーマソングにもなっているこの曲は2021年3月19日より配信限定でリリースしています。

cmの歌詞は?

たとえたとえ
張り裂けるほどの声が風に流れても
いつかここから君に届けと今を叫ぶよ

緑黄色社会

緑黄色社会は、愛知県出身の4人組バンドです。

愛称は”リョクシャカ”。

高校の同級生(長屋晴子さん・小林壱誓さん・peppeさん)と、小林の幼馴染・穴見真吾さんによって2012年結成されたバンドです。

2019年には映画『初恋ロスタイム』やドラマ『G線上のあなたと私』の主題歌を歌い、2020年、アニメ主題歌となる「Shout Baby」(『僕のヒーローアカデミア』第4期文化祭編のエンディングテーマ)でUSEN3チャート同時1位を記録しているので、ご存知の方も多いでしょう!

なんと言ってもヴォーカルの長屋晴子さんの透明かつ力強い歌声が魅力的!

私の大好きなバンドです!

まとめ

【FUNAIのCM|女の子は誰?ハーフ?量子ドットサイズが可愛い!【YAMADA】をまとめました。

まんまる

真っ白いワンピースが可愛いよね!
まだ、この女の子について詳細はわからなかったけど
これからもいろいろなCMに抜擢されそうだよ〜。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる